子犬とコナソラ

お待たせしました。ようやく時間が出来たので、
子犬のお客さまが来た時の写真をUP。

ご常連さんのコロスケさんが保護してもらい手を探していた赤ちゃん犬。
もらい手が決まったので、と見せに来てくれました。
夜だったので、ちょっと眠くておなかも空いている赤ちゃん子犬。
ダンポール箱の中でうごうごと動いています。
さっそくソラくんが見に行きました。
c0206596_22175059.jpg

噛んだり攻撃したりしないかな?とハラハラしながらもソラの行動を見守る私達。
ソラくんは遠巻きにぐるぐると箱の中の子犬を見ています。
c0206596_2219495.jpg

するとコナちゃんが来ました。興味津々。
c0206596_22211135.jpg

身を乗り出して箱の中を見ています。
c0206596_22221245.jpg

ソラくんは相変わらず遠巻きにグルグルと。どうしていいか判らない様子。
コナちゃんはとても積極的に調べています。
c0206596_22232635.jpg

コロスケさんが赤ちゃんを箱から出してくれました。
かわいいー
c0206596_22242023.jpg

コナちゃんは、この小さい生き物がかなり気に入った様子でした。
正直、黒くてでかくてなんかうざいアイツよりはずっといいかも、と思った…かもだ。
c0206596_22263172.jpg


眠くてお腹も空いた赤ちゃん犬は再びダンポール箱に入れられて
おうちに帰る事に。

するとその時、コナがすごく慌てました。
フタを閉められたダンボール箱をなんとか開けようとします。
私達にも「ここを開けてあげて!閉じ込められてるよ!」と訴えます。

コナちゃんとしては、今度はこの小さな生き物も同居するんだと
思ったらしいのです。それなのに箱に閉じ込められてしまって
これは大変!と慌てたらしい。
コナが勘違いしているのが可哀想だったので、コロスケさんは
子犬を連れて速やかに帰りました。
そのあとコナは子犬が歩いた辺りの床やかごが置いてあった場所の辺りを
調べていましたが、そのうちすぐに忘れました。

慌てたコナを見て私とコロスケさんも慌てたので、写真を撮れなかったのですが
ホントに、猫ってなんだか思考が奥深い。
もしあの子犬が来たとしたら、コナはお母さん代わりになったのかなあ。
[PR]
by konasora | 2009-10-26 22:36 | コナソラ


<< ジャンキーなソラ その1 子犬のお客さま >>