子猫もらわれていきました

さて、シャムねこっぽい子猫4匹のうち、ねこや食堂で私の友達が
運命の出会いで女子1匹即決、その後残った3匹のうち男子2匹が
更に、私の知り合いの八百屋さんにもらわれていく事になりました。
ねこや食堂の名前は伊達じゃない。
(女子もう1匹は別ルートでもらわれていきました。よかった)

八百屋さんとW.A.R.Pさんの子猫受け渡しと相成りまして
ねこ食にまた子猫がやってきました。
「かわいい~~~!」可愛すぎる。
居合わせた女性陣からはほとんど悲鳴。
c0206596_18343417.jpg

まずソラくんが警戒に行きました。
大人げなく威嚇しつつ後ずさり。
c0206596_1836384.jpg

この後、窓際に行って一人で黄昏ていました。
たぶん「あれらもここに来たら、俺のいる場所なくなるし…」と
先読みして哀しい気分になっていたのだと思います。

一方コナちゃんは、私達の悲鳴とかソラくんの唸り声とか
子猫たちの「にーにー」声には一切気付かずにストーブでぬくまってました。
気づけよ。

コナを連れてきてゲージの前に置いてみましたよ。
c0206596_18404597.jpg

「!!」
コナもさすがに何かに気付いた。
「ちょっと、この個室すごい広い~!」
そこかよ。
c0206596_1842410.jpg

ゲージをチェックしています。子猫たちには見向きもしません。
「入り口が金網だから、防犯対策もばっちりだよね」
c0206596_18435992.jpg

「内見したいなー、ちょっと開けてくれないかなー」
もう、一目ぼれ物件らしいです。
c0206596_18454220.jpg

この後、ゲージの上に乗って強度を確認したりしてました。
子猫にはホントに興味がないみたいです。

興味の焦点が完全にずれたコナはおいといて。
子猫2匹の受け渡しはつつがなく進みまして、
子猫達はゲージごと(貸し出し)八百屋さんにもらわれて行きました。
c0206596_1848559.jpg

玄関で、コナはまだ大きなゲージに未練たっぷりです。
みんなが外に出る気配なので、ソラくんが我れ先にと
玄関が開くのを待っています。
「オレ、外に出るから!子猫とか一緒は無理だから!」
c0206596_1852775.jpg

この男、神経質ってわけではないんだけど、器の小ささは否めない。
コナと半分こにしたらちょうどいいんだろうな。

というわけで、今回の子猫たちは皆しあわせな未来を
見つけられてよかった。本当によかった。
[PR]
by konasora | 2011-02-11 18:54 | コナソラ


<< 下足番もやってます 2月10日が期限(里親募集) >>