つれないソラ夫さん

ようやく夏の日差しになりまして、
コナがゴロンゴロンしています。
c0206596_1720535.jpg

ソラが来ました。
「あ、ソラく~ん」
「…」
c0206596_1721075.jpg

「ねえねえ、コナって可愛い?可愛いよね、って、どこ行くの」
「…」
c0206596_17224745.jpg

「ああ…行っちゃった…」
c0206596_17233985.jpg

「別にいいもんね。コナが可愛いのは変りないもんね」
c0206596_17245028.jpg

「寂しくなんかないもんね」
c0206596_172697.jpg

「…ふー」
c0206596_17272724.jpg

「寝よっと」
c0206596_1728638.jpg

その頃のソラ夫さん
c0206596_17285976.jpg

私がパソコンしている時に、コナソラが来ました。
ソラ夫さんはモニタの前。
コナは私のヒザの上。
「ソラくんてさ、コナの事嫌いなのかな」
c0206596_17305394.jpg

「コナはソラくんの事、嫌いじゃないんだけどな」
c0206596_17315150.jpg

「でもさ、一緒のお布団で寝てる時もあるよね!」
c0206596_17324295.jpg

「でもさ、そこってコナの場所だからさ、どけてほしいよね」
c0206596_17333693.jpg

それがイカンのだよ、コナちゃん。

こないだも、奥で私がちょっと横になったら
ソラ夫さんが来たので、一緒にウトウトしてました。
ふと、気がつくと
同じ場所にいる猫が、いつの間にかクロからシロへと
変っていたのです。
不思議!

コナちゃん、絶対ソラがいる場所を
よけさせて、同じ場所に座るんだよな。
いけず。
[PR]
by konasora | 2012-07-22 17:36 | コナソラ


<< またたびジャンキーなソラ 北海道の爽やかな夏とコナソラ >>