<   2010年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

コナソラ奥様劇場

「もうこれ以上、俺に構わないでくれ」
「どうして?コナは、ソラくんが面白くて面白くてたまらないのに」
c0206596_19492420.jpg

「俺は外回りに行ってくる。ついてくるなよ」
「ああ、このガラス戸がにくい。コナはこれを開けられないの」
c0206596_19503082.jpg

「黒子さんが戸を少し開けてくれたわ。でも、ソラくんはもうあんなに遠くに」
c0206596_19525100.jpg

「ソラくん、どうして一人で行ってしまうの。ビンタ張ったり尻尾で遊んだりしないから許して」
c0206596_19541458.jpg

「でも、ソラくんはきっとまた帰ってくる…カリカリを食べに、きっとすぐに」
c0206596_19572044.jpg


主演 コナねこ
c0206596_19595373.jpg

共演 ソラねこ
c0206596_2005528.jpg

[PR]
by konasora | 2010-10-27 20:01 | コナソラ

コナ外出中

そろそろ雪の便りも聞こえてくる北海道ですが、日高はまだまだ暖かい。
というわけで、コナソラは相変わらず外で遊んでいます。

裏の窓の外からゴトンゴトンと音がするので見てみたら、
網戸越しに散歩に飽きたコナが「いれてー」と言ってます。
c0206596_19414734.jpg

その窓からは入れないので、店側のサッシに移動。
c0206596_19442978.jpg

花を背負って少女マンガのヒロインみたいですね。
(室内の不思議な有機体は、いつぞやソラが調べていた長いカボチャです)
とか、今日はそういう美少女写真を撮ろうと思って外に出たのに、
私が外に出た途端、張り切って木に駆け上るコナ。
c0206596_1947694.jpg

コナちゃん、今日の撮影テーマは「おしとやかな白い美少女」なんだけど…
「コナは木登りの方がおもしろーい!きゃははきゃはは」
c0206596_1948431.jpg

結局、いつもの「南米の白い原始ザル」じゃないですか。
c0206596_19505519.jpg

静内の白虎とも言う。
c0206596_19521176.jpg

そこへ、静内の黒豹がしんなりと登場。
c0206596_19534766.jpg

視線は合わせないんだけど、コナが楽しそうだとソラも寄って来ます。
c0206596_19555436.jpg

ソラくんは一緒に遊んだり、木登りしたりはしないけど彼なりに楽しんでる。
そして、この写真のコナは笑ってますね(わかります?)
c0206596_19575151.jpg

コナソラがすごく仲よくはしなくても、つかず離れずそこそこ楽しそうなら
私も嬉しい。
c0206596_1959495.jpg

でも、当初の撮影テーマ「おしとやかな美少女」はどこにもいなかったな…
[PR]
by konasora | 2010-10-25 20:00 | コナソラ

里親決定の瞬間

今日、遠くから来店してくれた友達が、ねこ食にたまたま貼ってあった
「里親募集」の子猫の写真を見てですね、
急遽その子をもらう事になりました。
ご尽力くださったW.A.R.Pの水島さん、ありがとうございます!

保健所から引き取られてきたばかりの子猫。
キャリーバッグも、急いで買ったばかりの新品です。
c0206596_18254191.jpg

コナちゃんは、最初キャリーバッグにも子猫にも気付かずに
すぐ側を素通りし、その場にいた皆に
「気づけよ!」
と、つっこまれました。
「ほら、コナちゃん、ここに子猫がいるよ、どうする?」と
ご対面セッティング。
c0206596_18281845.jpg

バッグの中で、子猫は「しゃー」と威嚇していますが、
コナの興味は子猫にはなくて、もっぱらキャリーバッグに向いています。
「うーん、コナは、こういう個室はなんか違うと思うの」
c0206596_18304370.jpg

バッグの中から頭を出して、様子を伺うこねこちゃん。
シャムっぽい子で、生後半年くらいのしっかりした体格でしたよ。
c0206596_1832857.jpg

子猫を出して、コナと本格的にご対面してみたのですが、
コナは右端にあるキャリーバッグの方をチェック中。
「入り口にドアがあるタイプの方が、好き」
c0206596_18333728.jpg

いやいやいや、コナちゃん、キャリーバッグは君のための
個室じゃないから…

ところで、ソラくんは写っていませんね。
相変わらず子猫にビビリまして、「しゃー」と威嚇しながら
うんと遠回りして外へ脱出。
子猫をいじめないところはエライと思います。うん。

今回、本当にびっくりするようなご縁と、皆さんのご協力で
人と子猫がつながって、よかったなあ。
新しいおうちで、もう寛いでいるかなあ。
[PR]
by konasora | 2010-10-23 18:39 | コナ

薪切りを手伝うソラくん

ねこや食堂では、薪ストーブを焚いて冬を過ごします。
今時期は一冬分の薪を割って、積み上げる作業が恒例です。

今年は2日かかって丸太と廃材を薪にしてもらいました。
シルバー人材センターのおじさんがチェンソーとマサカリで
丸太をバンバン割るそばをソラくんがうろうろしていました。
あぶねっつの。
手伝っているつもりなのか、監督のつもりなのか。

さて、作業も終わりましてキチンと積まれた薪でございます。
おや、片隅に黒い生き物が。
c0206596_21242815.jpg

ソラくんは薪の上を渡り歩いていたのですが、足元がグラグラするので
棚の上に上がってしまったのでした。
「降りたいなー」
c0206596_2126615.jpg

まーた始まったよ、ソラくんの「降りられなーい」
甘えっ子大作戦が。
c0206596_21272043.jpg

誰か降ろして…と、その場にいる私と母の顔を見回しています。
自分で上がったんですよ、ここに。
本当は一人で楽勝で降りられる高さです。

しかし、母がはしご代わりにタル木を差しかけてやりました。
「ほら、これを伝って降りておいで」
c0206596_21302590.jpg

ソラくんとしては、ダッコして降ろしてほしいので不本意。
母が強制的に降ろそうとしています。
c0206596_21313267.jpg

なかば落ちるように降りました。
c0206596_2132201.jpg

「違う、違う!おれがイメージしていた降り方はこんなんじゃないんだ!」
プリプリと怒りながら去って行くソラくん。
c0206596_21332341.jpg

ダッコを要求しておきながら、えらそうに…

薪切り作業中、ソラはずっと一緒にうろうろしていました。
国道のすぐ近くに作業場所が移って、そこも探索。
今までよりも国道に近い所までソラが自由に歩けるようになるって事は
彼の生命の危険も増大するのです。
でも外歩きを今更止めるわけには行きません。

ソラくんがここに来る事になった1年前から
車に轢かれませんように、ちゃんと戻ってきますように、と
毎日念じているのですが、覚悟もしています。
人も猫も、先がどうなるかは予測つきませんが
今、ものすごく幸せそうなソラくんなので、
このまま無事で、ずっと一緒に暮らせればいいのになあ、と思うよ。
[PR]
by konasora | 2010-10-20 21:46 | ソラ

「コナと仲良し」の刑

実家にいる母と電話をしていたら、ソラが電話機の上に乗って
通話を切りました。
めったにしないけど、まあ、おしおき。

愛読する「くるねこ」でも男子ねこ達がいろんなおしおきを受けています。
「おにぎりの刑」「握りずしの刑」「回転寿司の刑」など。
うちもコナちゃんはほとんどお仕置きされる事はないのに、ソラくんは
いろいろとやらかします。

ソラくんが一番堪える刑罰、それが「コナと仲良し」の刑。
椅子の上でぬくまっていたコナと同じ椅子に強制的に座らせます。
「ソラくん、カモーン」
c0206596_9543573.jpg

首輪をつかんでいないと逃げるので、身柄確保。
c0206596_9551659.jpg

コナは、ソラくんが来たので単純に喜んで臭いをかいだり、舐めたりしています。
c0206596_95642100.jpg

こうしてみると、ただの仲良しに見えますね。
c0206596_9581222.jpg

コナはソラくんが結構好きです。てか、誰でも基本的に好きです。
c0206596_100549.jpg

背中の方も毛づくろい。
美少女キャラに毛づくろいしてもらって、いい気分かと思いきや
ソラがもうかなり逃げ腰です。
c0206596_101367.jpg

ソラくん、限界が来ました。
必死の形相。「もうやめてー」
c0206596_104092.jpg

ソラくんは受刑したので解放。
椅子の上のコナはつまらなそうでございました。
「ちぇー、これからが面白かったのに」
c0206596_1053575.jpg

いつもなら、コナの側に置いただけで「ふー!」とか言って逃げるソラくんなのに
今回はかなり我慢していましたよ。
電話切ったためのお仕置きとわかっていたのか、それとも
コナとちょっとだけ仲よくなってきたのか。
[PR]
by konasora | 2010-10-18 10:07 | コナソラ

ねこらしい時もある

コナちゃん光チャージ中。
のれんでゴロゴロです。
c0206596_19424759.jpg

のれんには白猫黒猫のイラスト入りですが
そんな事はコナにはわからんのです。
c0206596_19441289.jpg

ただ、のれんの手応えのなさが面白い。
c0206596_19454539.jpg


ここんとこ、私が出歩く事が多くて
コナソラは店で留守番が続きました。

以前は二人で相撲とったり仲良かったんですよ。
でも最近、ソラがコナを嫌ってました。
(コナは平常心)
ソラがコナを威嚇しながら後ずさるという日が
続いたのですが、二人で留守番させたら
また仲よく相撲取るようになってましたよ!
これから冬になって、二人ともずっと室内で過ごすようになったら
もうちょっと仲良しになれるのかしら。
どうかしら。
[PR]
by konasora | 2010-10-15 19:49 | コナ

冬を前にまだまだ外散歩

北海道は11月ともなれば、そろそろ冬支度。
庭の草花もすっかり枯れてしまいますが、今のうちに
たっぷりと外遊びをするねこ営業部のコナとソラでございます。

ソラくんはねこや食堂の庭を「おれの縄張り」だと思って
ひっきりなしにパトロールしています。
c0206596_17261073.jpg

「地域の平和はおれが守る」という意気込みの自宅警備員。
c0206596_17272148.jpg

ちょっと前のコナONステージに対抗して、ソラくんも
ステージに上がった!歌え、ソラくん!
c0206596_17285114.jpg

…と思ったら、穴から生えてる草を食ってました。
c0206596_1730650.jpg

いいんだ、ソラくんは芸が特になくっても
幸せそうに暮らしてるだけで、いい。

一方、コナちゃん。
庭をそろりそろりと歩いています。
c0206596_1732098.jpg

「ちょっと!ついて来ないで!」
c0206596_17325853.jpg

怒られました。コナはそろりそろりと庭の奥へ。
c0206596_17342247.jpg

いつもの、小鳥(センダイムシクイ)ゲットポジションにセットアップ完了。
c0206596_17354858.jpg

「カメラ禁止!撮影許可取ってんの?だめだめ!」
険しい顔で更に怒られました。
c0206596_17365692.jpg

コナちゃん、ほんとにナンかこう、ネタのつぼを
いちいち押さえてくれるなあ(笑)
[PR]
by konasora | 2010-10-13 17:38 | コナソラ

コナ宇宙人説

昔から、コナねこには「宇宙人じゃないか」という懸念がありました。
どうも普通の猫とはなんか違う。
ご常連さんもですが、このブログをご覧になっていない初めてご来店の
お客さまも「ソラくんは猫、なんだよなあ…」「でもコナちゃんは…」と
呟いている事があるのです。

今までの経緯。

1.捨て猫の時、カモメとトビが舞い飛ぶ浜で1週間無事に過ごしている。

2.ねこ食に来てからすぐに行方不明、2週間ほどして40km離れた浦河で発見される。
詳しくはこちら

3.子猫時代、青っ洟がたらーっと出た時に手の甲で横に拭いた

4.時々、外で2本足で立ちボーっとしている。マザーシップと交信中か。

5.猫が本来嫌がるような事をされてもゴロゴロいってしまう。
(例、3歳くらいのお子さんに羽交い絞めされて、引きずり回されて、首が締まって気を失うとか。
この時は「コナちゃんがオチた!」とちょっと騒ぎになりました。すぐ気がついたけど。
でも、お子さんが帰る時には もっと遊びたい、と残念がっていた)

6.光子エネルギーチャージをしている。

7.猫に擬態するはずが、うっかりウサギの毛皮を装備してしまった。

などなど。
コナの頭の中は操縦席になっていて、パカっと開くとそこにはちっこい宇宙人が
3人入っていて、操縦しているというのが通説です。
普通、ねこがゴロゴロ言わない場面でゴロゴロ言ってしまう場合、3人の宇宙人の
意思疎通が上手くいっていないのか、誰かがうっかりしているのか
ついゴロゴロスイッチを押してしまうらしいです。

そんなの、私の与太話  だ と   思うでしょ?
証拠写真が撮れました。

アンテナ出てます。
c0206596_186278.jpg

マザーシップと交信しています。
c0206596_1865737.jpg

「秘密だよ」
c0206596_188185.jpg

何を報告しているのやら。
コナちゃんの通信サーバは地球の裏側アルゼンチンにあるので
反応にやたら時間がかかります。
[PR]
by konasora | 2010-10-10 18:08 | コナ

コナの木登り一部始終

今日はまたいいお天気で、コナが調子に乗ってます。
木登りも絶好調です。
登っているのは、ねこや食堂前いつもの庭の柳の木。
登る瞬間は突然、一気に駆け上るので早過ぎて撮れません。

ある程度登ってからは木の枝を渡り歩きます。
c0206596_21365294.jpg

c0206596_21383012.jpg

ほぼ垂直に登り降りしています。
コアラか、お前は。
c0206596_21392636.jpg

そろそろ降りるのかと思いきや
c0206596_21402137.jpg

「まだまだ行くよー!」
c0206596_21412030.jpg

あっという間にまた高い枝へ。
c0206596_21421010.jpg

かなりいい顔してやってます。楽しそう。
c0206596_214397.jpg

コナねこ営業部長は常により高いクオリティを追求します。
c0206596_2144819.jpg

と思ったら降りはじめた。
c0206596_21451232.jpg

「もう飽きた」
c0206596_21455533.jpg

木からスルリと降りる白い流体
c0206596_21465339.jpg

「この様に、木登りは最高のストレス解消であり、有効な有酸素運動なのです」
c0206596_21482726.jpg

「飽きたら、すぐやめるのが継続するコツです」
c0206596_21494025.jpg

[PR]
by konasora | 2010-10-08 21:50 | コナ

コナONステージ&ソラ草もっしゃもしゃ

昨日、店が臨時休業でコナソラの二人は店内で留守番でした。
一日閉じ込められてすっかり焦れたねこ営業部。
まあ、大雨だったしな。

今日は朝からいい天気。
コナねこも外で光チャージ中です。
c0206596_1938779.jpg

爪とぎにも力が入ります。
c0206596_19392274.jpg

ソラくん登場。
「おれは草を食べに来ました」
c0206596_19402344.jpg

るんる~ん♪
c0206596_19412622.jpg

後ろ足としっぽがご機嫌サンです。

ソラの鼻歌に触発されて、コナもステージに上がりました。
「歌う!コナも歌うよ!」
c0206596_19455136.jpg

「うん?歌えばいいんじゃない?」
c0206596_19465295.jpg

コナに一瞥をくれて、あとはまるで牛のように草を食べるソラ。
ねこ草というには余りに牧草です。
もりもり食ってます。
c0206596_19481796.jpg

コナの歌
「1番、 コナちゃんは白くて可愛いよ♪
すごくすごく賢くて、いいコナちゃんだよ♪
顔が黒くなっても翌日にはなぜか真っ白♪
自浄作用でもあるのかな♪
あと、鳥はあたまから食べるのが一番うまい♪」
c0206596_19503349.jpg

「2番、 コナちゃんは木登りの天才…そこ、聞いてる?」
「いや、べつに」
c0206596_19523975.jpg

[PR]
by konasora | 2010-10-05 19:54 | コナソラ