<   2013年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

いつも仲良しとは限らないコナソラ

春が近いです。
とりあえず、雪はほぼ溶けました。
ソラはひっきりなしに外をほっつき歩いています。
c0206596_16164182.jpg

ねこ食に来たばかりの頃は、あぶなっかしくて
(ケンカ傷とか行方不明とか換気扇に入るとか)

(ああ、まだある。床下に入って帰って来れないとか
壁を壊して天井裏に入るとか)

外にはあまり出したくなかったんだけど
今はちゃんと帰って来るので、まあ、なんとか。

コナは奥のお布団で寝ています。
まったり毛づくろい中。
c0206596_16172882.jpg

「くつろぐわあ」
c0206596_1618790.jpg

「そうだなあ」
「!!」
なんと、ソラ夫さんもいた。
c0206596_16185623.jpg

こないだのラブラブな雰囲気はどこへやら。
「ちょっと!コナの場所なんだけど!」
c0206596_1620472.jpg

ケンカを避けるために、両方にタオルケットを
かけて見ました。
お互いが見えなきゃいいかと思って。
c0206596_16212233.jpg

「なにすんの~」
モソモソと出てくる双方。
c0206596_16224277.jpg

「見えなきゃ見えないで、どう出てくるか不安」
ソラ夫さんはなんとなくもう逃げ腰です。
c0206596_16233561.jpg

「... コ ・ ナ ・ の ・ 場 ・ 所 」
c0206596_16251287.jpg

ソラは耐えられなくなって、逃げていきました。
やっぱり、こないだのラブラブは
何かの間違いだった。

その後、ストーブの定位置につくコナ。
「ここもコナの場所」
c0206596_16263679.jpg

c0206596_16271041.jpg

ほんとに愛らしいよね、
見た目はね。
[PR]
by konasora | 2013-03-18 16:28 | コナソラ

珍しく仲良しなコナソラ

春が近づいてきた北海道静内。
ソラ夫さんは起きてる時はひっきりなしに外を
出歩いています。
でも、まだまだ寒いのですぐに戻ってきます。

窓の外で「開けろーおれだー」と言っている。
c0206596_16115816.jpg

「おれだーって、そんな人いませんから」
c0206596_16123697.jpg

結局、私が開けるんですけどね。
でも、人が開けなくても自分で玄関の戸は
開けられるんだよ、このおっさん。

コナは外にはほんとにめったに出ません。
c0206596_16135974.jpg

外から戻ってきたソラ君。
c0206596_16144239.jpg

コナが歩いてる後をつけている。
c0206596_16152398.jpg

なになに、二人してどこ行くの
c0206596_16155673.jpg

どんどん奥の部屋へ。
c0206596_16162853.jpg

行ってみると、こうなってました。
c0206596_16171599.jpg

あれ~、君たち仲良しモードとは珍しい。
c0206596_16175228.jpg

コナちゃん、ソラ君がいてもいいの?
「たまにはね~」
c0206596_16182779.jpg

ソラ夫さんの臭いをかぐコナちゃん
c0206596_1619338.jpg

いつもだと、この時点で自ら逃げるソラ夫さんですが
このときは割りと、どっしり構えてました。
c0206596_1619558.jpg

なんだかんだ言って、コナソラは家族。
c0206596_16203574.jpg

ソラ君がねこ食に来てくれて、本当によかったな。
コナがしあわせそうだもんな。
[PR]
by konasora | 2013-03-12 16:22 | コナソラ

コナの場所なんだけど!

3月6日(水)早いですねえ。
あっという間にもう3月。
この厳しい冬をコナソラも乗り切りました。

ストーブ周りはコナの場所なのです。
でも、珍しくソラ夫さんが薪の上に陣取ってます。
c0206596_15453947.jpg

「あ」
「あ、そこ、コナの場所」
すでに目が泳いでるソラくん。
c0206596_15465139.jpg

すばやく逃げました。
c0206596_15475512.jpg

早速、薪の上のいつもの場所を確保するコナ。
c0206596_154919.jpg

「まったくもう、油断も隙もないんだから」
ブツブツ言いながら臭いを嗅ぐコナちゃん。
c0206596_15495934.jpg

クルリ、と定位置へ。
c0206596_15504163.jpg

ほんとに、コナは別に乱暴狼藉するわけじゃないんだけど
ソラ夫さんは譲ってくれるよねえ。
やさしいよねえ。

さて、最近は薪も少なくなったので
廃材を焚いています。
細かいので、バナナの箱に入れて持ってきているんだけど
空になったバナナの箱はコナの場所。
中に入ってました。

廃材を入れたら、無言の抗議。
バナナの箱いっぱいの廃材の上に
無理やり座っています。
「コナの場所にこんなに入れちゃって!」
c0206596_15552282.jpg

後ろになってる耳が、抗議の気持ちを表しています。

本棚の上も「コナの場所」
先にソラ夫さんが上がってて、後からコナが行きました。
慌てて降りようとするソラを追って来るコナちゃん。
c0206596_1559985.jpg

「うわっ、来た!」
c0206596_1603779.jpg

「俺は何にもしていないのに」
また目が泳ぐソラ夫さん。
c0206596_161987.jpg

上からじっと見つめるコナ。
「そこもコナの場所...」
c0206596_1682546.jpg

コナの首が傾がっているのは、実力行使に出る前兆。
c0206596_16135593.jpg

こんなに場所たくさんあるんだから、
ソラ夫さんがいたっていいじゃない。
c0206596_16151666.jpg

なんかもう、可愛いんだかこわいんだか。
それがコナです。
[PR]
by konasora | 2013-03-06 16:15 | コナソラ