ソラ夫さん、尿路結石

ソラが尿路結石を発症しました。
c0206596_2362724.jpg

10月10日(火)
ソラがトイレにずっと座ってる。
15分くらい座ってて、これはちょっとおかしいな、と
思って見てたら
(あとで知ったのですが、この時点でもう病院行きなんですね)
コナがやってきた。

また「コナの場所」やるのかな、ソラ夫さんが具合悪いの
わかるよな、猫として。
そう思って見ていたら、トイレにじーっと座っているソラ夫さんに
近づいて行ったコナ。
首を傾げながら「ふ~ん、ふ~ん」とか細い声で威嚇。
そしてやっぱり猫パンチ。
「コナのトイレだから!」
白い悪魔だ、コナちゃん。

ソラ夫さんは「ふー、しゃー」言いながら逃げました。
かわいそうです。

火曜日にトイレに座っているのは、その時だけで
後でトイレをチェックしたら、おしっこしていたので
そのままにしていました。

水曜日は、ソラ夫さんはほとんど外に出ていて
様子がわかりませんでした。
でも、割と元気だったし、フクと相撲も取ってたし
ご飯も水もいつもどおり取ってたので
あまり気にしていませんでした。

でも、猫に詳しいご常連のまりおんさんカップルでご来店で
かくかくしかじかを説明したら
「それはもしかしたら病院に連れて行ったほうがいいかも」と
おっしゃったのですが、私はまあ「治るんじゃないかな」と
軽く考えていました。

そして10月11日(木)

またトイレに座っているソラ夫さん。
10分してトイレから出たので、チェックしてみたら
おしっこは出ていない。

こ、これはいよいよヤバイかも。
動物病院に電話して、午後3時から診てもらえることに
なりました。

診断は尿道結石。
放っておくと、大きい石になってしまい、レーザーで破砕するしか
ないのだそうです。

カテーテルを入れて尿を出す。
ソラ夫さんの結石はまだ砂みたいな
サラサラしたもので、大きい治療はしなくてよかったです。

洗濯ネットに入れて治療するのですが
直前に買ってソラを入れた洗濯ネットは小さくて
(スーパーで売ってる中で一番大きいのを買ったのに)
嫌がって暴れるソラを押さえているうちに
ネットが半分脱げました。
頭だけでも、ネットに入れておいて(たぶん先生に対する保護のため)
押さえたり揉み合ったりしているうちに
診察台の上に大量のおしっこが。
ああ~すみません~!

サンプルとして採取した尿の中には
サラサラした沈殿物が。
これが尿道に詰まると、おしっこが出なくなるんですって。

注射を打ってもらい、残った尿も全部だして
だいぶスッキリした顔をするソラ夫さんでした。
病院では「今後カリカリ禁止!」が言い渡されました。
ロイヤルカナンPHコントロールをカリカリで使いますが、
ソラはカリカリ禁止なんです。
高級缶詰食を推奨されました。

病院から戻ってきても、落ち着かないソラ。
トイレにはまだずいぶん長く座っているし
食欲もあまりなくて、また病院かな?と
思っていたら、
今日10月12日(金)には
かなりスッキリした顔をしています。
トイレチェックしていたら、ちゃんとしてました。

抗生物質とおなかがスッキリになる薬をもらって
今日から飲んでいます。
効いてる感じもしますね。
[PR]
by konasora | 2012-10-12 23:36 | ソラ


<< ソラ夫さん尿路結石、投薬4日目 網戸の向こう側のコナちゃん >>