ソラ夫とうちゃんの講義を聞く犬のムスメ

3月となりまして、まだまだ寒い北海道も
日差しさえあれば日中は春らしくなりました。
フクいぬをトイレ散歩に連れ出したら、
ソラ夫もやって来てちょっと相撲。

その後、ソラ夫は積んである魚箱に
入りました。

「では、これから講義を始める。
題して 猫として生きるとは何か」
「はーい」
c0206596_20492095.jpg
「ねことは大変有能かつ思慮深い生き物である。
木に登る。ねずみ捕る。爪をとぐ。毛づくろいする。」
「ふむふむ」
c0206596_20490523.jpg
「夜目が利く。高いところに登る。箱に入る。尻尾がシマシマ」
「(あくび)」
c0206596_20495475.jpg
「ちゃんと聞きなさい」
「はーい」
c0206596_20493570.jpg
「お前もいずれ立派な猫になるつもりなら
今からしっかり心掛けて精進しなさい」
「はーい」
c0206596_20501264.jpg
「決まったぜ。俺ってかっこいい」
c0206596_20502341.jpg
「ねむい」
c0206596_20503848.jpg
フクが立派なねこになれる日はいつ。






[PR]
by konasora | 2015-03-06 20:58 | フク


<< 外に出たコナソラ コナソラ相撲、ソラ夫が勝ちました。 >>